ブッチャートガーデン@ビクトリア

 

入り口念願の『The Butchart Gardens』へ行ってきました!
ユースホステルから歩いて数分のバス停から#75のバスに乗って約20分。(乗車料金C$2.5)
※これらの情報やバスの時刻はすべてユースホステルでゲットできちゃいます。

世界的に有名なこの広大な花の庭園は、予想以上に広かった!

 

 

 

 

 

広い!.
.
サンケン・ガーデンに日本庭園、バラ園、イタリア庭園…。ゆっくりのんびりと歩いて見てまわることができます。
太陽が出ているうちに行かないとと思って午前中に見てまわったんだけど、どうやら夜はライトアップされてそれまた綺麗らしいし、クリスマスはイルミネーションが素晴らしいとか。

 

見て!このバラのアーチ、私ってばうっとりです。
 

 

バラのアーチ

ブッチャート家の人々による、この庭園。入場料はC$22と少々高めですが、絶対に見る価値あるですよ。
 

 

 

 

 

 

 

綺麗な花々

 

 

 

 

 

 

 

トイレだってお花いっぱい園内いたるところにお花があって、トイレの周りもこの通り(笑)

 

 

 

 

 

 

 

各国のガイドがたくさん世界的に有名な庭園だけあって、園内ガイドもこんなにたくさんの各国言語で用意されていました。もちろん日本語だってあります。

お花はもちろん素晴らしい庭園だけど、私が何より感動したのは、このガイドの中の庭園マップには、身体の不自由な方・車椅子の方のために、庭園の平坦な道順がちゃんと記されていること。
カナダでは本当にたくさんの車椅子の方を見かけますが、皆活き活きと暮らしているように見えるのは、環境がしっかり整っているからなのかな。
ふと、札幌で国際的に有名な「さっぽろ雪まつり」を想う。
アメリカの税関で、私が北海道出身だとわかると、係員が「僕はさっぽろ雪まつりに行ったし、富士山にも登ったよー。本当に素晴らしいところだよね。」と言っていたっけ。
でもここまで外国人の方に対しての環境ってここまで進んでいるのかな、どうなんでしょー。通訳ボランティアはいたけれども。
 

 

 

とんかちだって・・・さて、お土産用ショップでもお花が溢れていました。これはなんと「カナヅチ」。花柄の「カナヅチ」なんて初めて見た(笑)!!

午前中にゆっくり庭園をまわってダウンタウンへ戻ってきました。
ビクトリアは人口28万人という小さな街というだけあって、半日あれば
ダウンタウンのストリート名や市内バスの運行状況も把握できちゃいます。
地図なしでも大丈夫!
そんなわけで、中華街で遅いランチを。
 

 

 

ランチこれだけのボリュームでC$5.25。日本円で500円しませんで。

無料のお茶もたっぷりいただけて、大満足でした。
 

 

 

 

 

 

お茶は無料

 

6 Responses to “ブッチャートガーデン@ビクトリア”

  1. yuta Says:

    お前Mixiのどこにいるの?

  2. ゆー Says:

    >yuta! yutaどうしていきなり消えてしまったのじゃ? 私は前と変わらないよぉ。連絡とりたいよ。

  3. yuta Says:

    お前偽名使ってるから、検索できない。 俺はこのまま。

  4. ゆー Says:

    >yuta yutaで検索したら38人ヒット。でもyutaがいない。と思う。

  5. yuta Says:

    まさか本名で検索してないやろな? ニックネームで検索したら、1分もかからなかったが。 それよか意地でも自分の名前を明かさないのには、何か理由があるのか? 見つからなければ、それまで。 縁が無かったということ。

  6. ゆー Says:

    >yuta あ。 検索するとこ間違えてた。 いたいた。相変わらずだ。 別に本名かくしてないだよ。めっちゃ本名なんだけど(笑)

Leave a Reply