What I received

バースデーパーチー週末は、美女ふたりをうちに招いて、友人Yの誕生日パーティを。

おいしーものいっぱい食べて、ビールもワインも飲んで、バルコニーで語って、楽しい夜でした。

二人ともカレッジを修了した6月には帰国してしまいます。どんどん知り合いがカナダからいなくなる…。これ、ほんと悲しい。しかも二人とも、日本で仕事をある程度して、カナダに語学だけではなく、カレッジ卒業を目標にして留学してきたという境遇も似ていたため、話がよく噛み合ったのです。くすん。近々また飲みましょう。

さて、週末いろいろゲットしたのですよ。

■その1・・・図書館のカード

カード前回の記事で言っていたとおり、カード作りました。んで、たーーーっぷり本を借りてきて、この週末は読書三昧ざます。ぐふふふふ。

■その2・・・日本からスープカレー

スープカレー

以前仕事でよくお世話になっていたYさんが、私のblogを読んで、「かわいそうに、スープカレーに飢えているんだなぁ」と、スープカレーを送ってきてくれた!!

家族以外に、こんなに気を利かせてくれる人がいることに、大感動なわたし。一緒に同封されていた絵葉書には、かわいい桜がついていて、こういう心遣いにも、ウルウルと。

本当にありがとうございまする。一箱は、辛いもの好きの相方ママに食べさせたいので、ポーランドへ持参する予定です。ポーランドで、札幌名物広げてきます。

■その3・・・ポーランドへのチケット

7月4日カルガリー発、ポーランドへ旅立つチケットがきましたっ!!正確には、ドイツはベルリンで降り立って、そこに相方パパのご友人が迎えに来てくださり、ドイツ観光しながら、ポーランド入りすることになります。2ヶ月間のバケーション、相方パパやママと電話で話すたびに、いろいろ盛り上がってきております。

まだまだ先の話だと思っていたけど、もう2ヶ月先なんだよなぁ。

■その4・・・TOEICのスコア

えーーーーーっと。

カナダにきてから初めてのTOEICの結果が届いたんであります。

結論から言いますとですね、年初にあげていた目標、850点

今回クリアならず。

くやしーーーー    

でも、ま、今の自分の実力に妥当なところかな、と。  あっさり開き直り。

カナダにくる前に、勉強をまったくせずに受けてしまった2005年3月のスコア(前夜はもちろん飲み会)に比べると、およそ200点アップです。

そう考えると、カナダにきて、英語の力が着実についているんだな、と思えるところもあり。ははは、まったくどんだけ悪かったんだ、ってカンジだよね。いや、やっぱりね、およそ10年前、センター試験受けて地方国立大学入ったというのに、卒業してから数年経過すると、脳みそってものすごい勢いで衰えるんですなぁ。

 
ReadingよりもListeningスコアの方がずいぶん良かった。文法見直さないとダメだなぁ…。

TOEIC

この図は、TOEICのレベル分け。私は今、上から2番目の785-900点のレベルである、『Working Proficiency in English』のところにいます。

となるとだ。

この表から言うと、やっぱり次目指すのは、850点とかいう適当につけた目標ではなく、900点以上なのか。

今回気づいたのは、問題集の質がかなり左右されるということ。自分が日本から持って行った問題集はすっごくやりずらかったのだけど、テスト寸前に留学エージェントで借りた問題集がすごく良かった。で、いろいろ調べてみたらすごい有名な問題集だったわけ。くー、もっと先に借りれていれば!ここから本番でおよそ4問ほど、ほぼ同じ問題が出たんだもの。

ここから先、900点への道が、一番厚い壁のような気がするので、今度はがんばって気合入れて勉強して望みます。

早速amazonでいい問題集を買ってしまった。

日本と韓国ではすでに新TOEICでオーストラリア、イギリス英語のリスニングが5月から実施されるみたいだけど、カナダでは新TOEICはまだまだ先の話。ETS Canadaによると、「In Canada, the new test will begin in late 2006 or early 2007. ETS Canada will announce the official launch date later this year. 」というわけで、

私の予感では、のんびりなカナダの新TOEIC導入は来年になるんじゃないかと。というわけで、旧テストで、できるだけいい点残したいと思います。

んで、なんでTOEICのハイスコアを取りたいか、というのはですね、自分の英語力を客観的に測れるというのはもちろんなんだけど、やっぱり韓国の友人とか見ていると、目標がすっごい高くて、貪欲だからなのね。彼らが母国へ帰ると、日本とは比べ物にならないくらい、ものすごい就職戦線が待っているわけで、TOEICの平均得点も、日本なんかよりぜんぜん高い。

上には上がいるわけなんで、ちょっと頑張ってみようかな、と。はい。

というわけで、日本はゴールデンウィークらしいですなぁ、いいなぁ。。

5 Responses to “What I received”

  1. ミキ6 Says:

    そのエリアの点数をとれることがすごいっしょ~ 留学って英語実力つくね、 あたりまえだけど感心。 ポーランドもたのしみだね わたし黄金週間なんて仕事ですの 休みほしー

  2. まゆ Says:

    7月にポ-ランドに行ってしまうのね。 またカルガリ-に戻ってくる予定? 仕事もだいぶ落ち着いてきたので またお茶しようね~。 そして旅行楽しんできてね。(ってけっこう先の 話よねww)

  3. Says:

    ・図書館のカードもきゃわゆいねー。 ・2ヶ月もバケーションとったことないよー しかもダーリン両親と一緒だなんて 一生思い出になるよねー ドイツでは両親が引くくらいビールを飲むといいよ ・TOEICはある程度しゃべることができる。と判断されてから受けたほうがいいと思う。 謙遜じゃなく妻は英語話せないけど がっつり勉強したら なかなかよい得点で、逆に恥ずかしいと言うか 「で 何ができるの?」って感じだった(会社員時代)。ゆーみたく、留学して さて実力あがったぞ どれどれ ってなって受けないといかんなーって思っちょる。

  4. ゆー Says:

    >ミキ6 ゴールデンウィークも働いているのね~、おつかれっ!!英語力はまだまだだなぁ、がんばらないと。 >まゆサン カルガリー戻ってきまっせー☆ まゆサン、ネット回復したのね、ぜひポーランド行く前にまたお茶しようよ。 >妻 2ヶ月バケーション今からワックワク。向こうからも日記を更新できるといいんだけど。やっぱり妻は賢いのねーTOEIC高得点納得できるもの。でもリスニングとリーディング力は確実にあるって証明ヨ☆すごいわーん。

  5. furuki Says:

    はじめまして。furukiと言います。
    貴重な情報ありがとうございました。

    私はtoeic関連のブログをやっています。
    もしまだtoeicの勉強をされているなら
    参考までにアクセスしてもらえるとうれしいです。

Leave a Reply