A sandy beach@Sylvan Lake

この3連休、バンフに行って、Takakkaw Fallsの虹を見よう!と計画していたのだけど、快晴のカルガリーに比べて、天気予報によるとバンフは雨の模様。

そんなわけで、この暑さにふさわしい場所に行こうと、向かうはSylvan Lakeへ。

Sylvan Lakeは、エドモントンとカルガリーの間にあって、カルガリーからは車で2時間程度。

一瞬見た目は、海ーーーー!

like ocean
…というカンジなのだけど、実は砂浜(sandy beach)のあるでっかい湖なんです。
砂浜のある湖

海ないアルバータ州にとっては、ここはリゾート地。ヨットやジェット、ボートで遊ぶ人たち、そして家族連れや、ナンパしまくりの若い人たちで溢りかえっておりました。

芝生面白いのは、砂浜の一段上には、芝生があること。この芝生の上でもゆったりできるようになっているのが素敵。

私たちも、芝生の上にマットを敷いて、本を読んだり、ランチ食べたり、お昼寝したりしてました。

これで片手にビールがあったら最高なんだけど。カナダは屋外での飲酒は違法なんですの。残念無念。

周りには豪華な別荘が立ち並び、ゴルフ場があったり、レストランやパブも並び、雰囲気抜群♪♪

滑り台湖だっちゅーのに、大きなスライダーもあったりして、もう気分は海であります。海。

ちなみにこのスライダーのオープンは来週末らしいですよ。

アルバータ州なんだけれども、アルバータ州っぽくない、まるで西海岸な風景が楽しめます。

あ、でもこれはアルバータ州っぽいかな。

 

moo牛がカナダ国旗になっちゃって…。

と、湖の周りには、海の家のような、水着やボートなどを扱うお店もたくさんありました。

湖の周りを歩いて散歩するだけでも、本当に気持ちいい。

そして若い男の子たちが一生懸命、ビキニ姿のギャル達をナンパしまくっているのを観察するのも、面白い。

 

水場所によっては水質が、「げげげげげ」と思うほど汚いところもあったのだけれど、場所を選べば、こんなに綺麗なので、泳ぐのは問題ないかも。ただ、湖なので、湖内にも、砂浜にもいろんな虫さんがいたりするので要注意だそうで。

太陽に照らされてキラキラ光る湖面が、本当に綺麗で、心が洗われました。

websiteのイベントスケジュールを見ると、ビーチバレーの大会があったりして、楽しそう。今度は夕陽を見にきてみようかね。

キラキラ

6 Responses to “A sandy beach@Sylvan Lake”

  1. りう☆ Says:

    なぬ??!屋外での飲酒禁止なん?
    がーーーん!!だね。
    屋外で飲む昼間のビールが最高なのに☆
    ドイツではたっぷり飲んでおいで!(笑)

    でも写真見てると気持ちよさそうでいいね♪

  2. ミキ Says:

    ダーリンいろんなところ連れて行ってくれてええのぉ
    そしてすごい気持ちよさそ!
    日本の海じゃなくて湖とはちがうね

  3. うめ Says:

    まじ、なんで屋外で飲酒禁止なの????
    バーベキューしてもビールなし?アウチ!
    昼間がだめなだけかな。夜はOK?
    質問ばっかりでごめんなさい。
    花見にもジンギスカン&ビールな北海道人には衝撃的な事実でした。
    今日もビールのんじまった。
    近所の飲み屋、開店祝いでグラス100円だった。
    ビバ小樽。

  4. ゆー Says:

    >りう☆
    そうなの、屋外(公共の場)飲酒禁止。拷問よね。
    花見や海でのビールとかありえないのよ。

    >ミキ
    気持ちよかったわー。日本にもこういう砂浜のある湖ありそうなカンジするんだけど、どうだろ。週末は出歩かないとくさっちゃうので、お金もかからないように遊んでます。

    >うめ
    そうなの、ひどいでしょ。パブやレストランのテラス、家のバルコニーはオッケーなんだけど、公園とかの公共の場はダメなのよ。理由はなんなんだろうね、大人のカナディアンにとって、『飲んだくれる』ということに関してあまりいいイメージはないのよね、こっちって。
    グラス100円ってすごい!ごくごくいっちゃうね♪

  5. みんご。 Says:

    久しぶりにきたらblogが可愛くカスタマイズされていてびっくりしちゃった
    それにしてもALBERTAにもこんなところがあったんだねーしらなかったウォータースライダーやりに来年戻らなきゃっ

  6. ゆー Says:

    >みんご。ちゃん
    アルバータっぽくないでしょ~☆ぷらぷら街を見るだけでも楽しいよ!次回水着持参でぜひ行ってみて♪

Leave a Reply