Memo-1

最近思っていることを箇条書きにメモメモpart1

●外から見た日本とは

大学のときにカリフォルニアに短期留学した際、台湾人のシェアメイトがやたら日本のドラマや雑誌に詳しいことにびっくりしたことがある。

学校に行ってみると、台湾人のみならず韓国人や中国人も、日本のトレンドを追っていて、なにかと日本を目標としているような話題が多かった。(逆にコンプレックスを丸出しにされたこともあった)
その時、

『そうか、日本って飛びぬけた経済大国で、アジアの中では成功し恵まれた幸せな国なんだ』

という、ものすごーく当たり前の事実に気づいた。

アジア諸国の同年代の若者から『日本』の印象をリアルに発信されたことは、当時の私にとって初めての体験であり、衝撃的なショックを受けた。生まれてから大学まで、のほほぉぉーーーんと生きてきた私にとっては、日本を外から見るとどうなのか、なんて考えたこともなかったんだもの。

こう書くと大袈裟に感じるけど、その時の印象は今でも心に焼き付いている。

 

カナダにきてから、『日本』という国をいままでと違う視点で見る新鮮さを味わう機会がさらに多い。

ちょっとマジメなところでいうと。
最近、イラン人の方と知り合うきっかけがあったのだけれど、私が日本人だとわかると目を輝かせて、「カルガリーにきてもう5年になるけれど、日本人にずっと会いたいと思っていたんだ。イランはね、日本ととてもいい友好関係を築いているんだよ。あー、うれしいなぁ、日本人と会えて。」と言われた。

正直、うれしい反面ものすごく戸惑ってしまった。だって、悲しいことにそのとき私の中には「イラン」と「日本」を結びつける友好関係が浮かんでこなくって。その後他愛もない話でお茶を濁し、そそくさと帰宅してインターネットで両国の関係を調べてみた。

へぇー、イランにとっては日本は先進国の中で1番といえるほど長く友好的な関係を築いているらしい。

別にだからどうした、なんだけれども。もしもっと知識を持っていたら、あのときの会話がもっと広がっただろうにと思うと、ちょっと悲しかった。

 

ちょっとマジメじゃない話でいうと。
(1)私が生卵をお箸でかきまぜていると、相方ママが不思議そうに「Yummyはやっぱり日本人ね。私は卵はフォークでかきまぜるものと思っていたけれど、Yummyにとってはお箸が当たり前なのよね」としみじみ感心された。

私にとっては、『フォークで卵をかき混ぜる』という発想を持ったことがなかったので、

「そ、そうか。お箸の国出身だから卵をお箸でかき混ぜてきたけれど、フォークっていう手段もあるんだ」

という、なんとも幼稚だけれど新しい発見をした気分になったのだ。

(2)相方パパがお正月に、「Yummy、日本でお年寄りがお正月に食べるお菓子を食べて喉つまりを起こして亡くなったっていうニュースがやっていたけれど、どんなお菓子なんだい?」と興味津々で聞いてきた。

お餅という、欧米人から見れば摩訶不思議に伸びるRice Cakeをお正月に食べるという風習、そしてお正月にはいつもこの手の悲しいニュースがあるという事実を説明すると、

「そんな危険なCakeはもう食べちゃだめだよ。ポーランドのケーキを食べなさい。」と言われた。

 

とっても些細なことだけれど、
自分にとっては当たり前の出来事が、国籍の違う人にとっては不思議に映るという事実が、なんだかとっても可笑しくて、不思議な気持ちになった。

 

(3)映画『硫黄島からの手紙』を映画館で観た。

やっぱり腹切り、首切り、といった日本独特の自殺について、欧米人は理解しがたいらしい。  

「お国に奉公できなかったので、みずから身を滅ぼして謝罪」っていうのが

「No Points!(意味ないじゃーん)」らしく、映画終了後、耳を澄ましているとこういう表現が周りからたくさん聞こえてきた。要は、自殺するくらいなら、最後までがんばって戦えよってところでしょうか。

私もさすがに腹切りは古い考えだと思うけれど、でも未だに日本では何か大きな問題が起きたときに「責任を取って自殺」をしてしまう人がいるわけで。

こういう美徳をいまだに持ち続けているのも日本なのかしら、と思ったり。

 

(4)それにしても、相方と昨年末の紅白歌合戦を鑑賞し

 

 

細川たかしの着物姿を見て

 

samurai-1.jpg

  

ウワーッ、サムライ!カッコイイ!

 

と叫んだり。

 

 

 

 

今井美樹の後ろで激しくギターを弾く布袋寅泰を見て

indiana-jones1.jpg

 

イ、インディアナ・ジョーンズ!?

 

 

 

 

と言った時には

 

「そうか、外国人から見ればそう映っちゃうわけか」

 

 

と笑ったのであった。

 

他にもこんな些細なことが日々たくさんあるのだけれど、ここらへんで。

 

 

続く。

 

 

10 Responses to “Memo-1”

  1. nagako Says:

    日本は、いやいや、アジアに限らず、世界においてもものすごーく進んだ先進国でござるよ。フランスにいるとそう感じる毎日ですわ。

    でも、細川たかしは、サムライではないと思います。

  2. サンコン Says:

    ずーーーっと日本で暮らしている私は、今回のブログをみて
    心温まる笑いができました!

    だって、お餅がケーキだなんて・・・
    結構スーパーにいくと、主食がわりに買っている
    おじいちゃん、おばあちゃんの姿を見るのよ。

    若い世代は、お正月くらいしかお餅を買わないのに・・・
    毎年、気をつけていかなくては!

  3. りう☆ Says:

    なるほどねーー勉強になるなぁ。
    当たり前のことでも、外国の人からみれば不思議だったりするんだよねぇ。

    切腹はわからんですか~。うーーん。やられるぐらいなら自ら命を絶つって変なのかな?
    でも外国でも日本の「武士道」のようなものが注目されてたりするよね。

  4. めぐみ Says:

    以前、モロッコに旅行に行ったときに、すれ違う人すれ違う人 に声をかけられ
    カルチャーショックを受けたことがあるわ。
    イスラムの国だからなのと日本女の子=お金もってるみたいな感じで うまく引っ掛けれたら?
    的な感じかな?それだけじゃないとは思うけど。 
    いろんな国で反応が違うけれど、日本ってほんと豊かな国だとは何処へ行っても思うことだわ。

  5. Yummy Says:

    >nagako
    外国にきてみて初めて、日本にいて当たり前と思っていたことがガタガタと崩れていくのを感じるよ。そして、日本に産まれてよかったわー。
    うん、細川たかしはサムライじゃないよね。でも面白いから、「歌うサムライだ」ってことにしてあるんだ(笑)

  6. Yummy Says:

    >サンコン
    お餅って英語でrice cakeなんだけれど、なんともピンとこないよね☆
    ケーキって表現しちゃいけない気がする。お餅以外のなにものでもないもんね~
    びよーんと伸びるお餅は、ほんとに不思議らしいよ(笑)

  7. Yummy Says:

    >りう☆
    そうそう、「当たり前」は日本人同士だと通じるけど、外国人相手じゃ通じないのさ(涙)
    この映画での自殺は、「自分の守るべきエリアを守りきれなかったので、自爆」
    だったのよ。結構、納得いかない身の滅ぼし方だったんだよね。

    歴史とか、文化とか、日本って結構独特だから、興味がある人はちゃんと理解
    しているんだけれども、私が「エジプト=砂漠にピラミッド」と思っているのと同じ
    ように、「日本=寿司、サムライ、ゲイシャ」しか浮かばない人が多いのも事実なのよね。
    『武士道』って注目されているの?

  8. Yummy Says:

    >めぐみ
    先進国じゃない国に行くと、カルチャーショックあるよね。しかも独特の宗教の
    あるところだと、なおさらかも!モロッコ行ってみたいなぁ。
    行きたいときに病院に行けて、24時間あいているお店があって、そして安全であるという
    ことに、本当に感謝しないと、って思うよ。戦争が終わってから、ここまでの国に成長したのが
    すごいなぁーってしみじみ思う今日この頃なのでした。

  9. りう☆ Says:

    なんか、美しい生き方、みたいな感じで注目されてるとかやってたぞ。
    イメージだけじゃなく、本質を知るってのは大事ですなーー。

  10. Yummy Says:

    >りう☆
    うん、こっちにきてから「思い込み」を裏切られることが多くて面白いかも(笑)
    ほんと、思い込みに縛られずにいつまでも柔らかい脳みそでいたいもんです。

Leave a Reply