Easter -Part1

イースター(復活祭)が迫った今日この頃。

今年は相方パパもママもカナダにいるので、「こ、これはクリスマスか?」と思うほどの慌しさ。買出し、大掃除にケーキ焼いたり、料理作ったり…という日々です。(去年の様子はこちら)

 

easter1.jpg

 

▲相方ママがいるので家の中の
イースターデコレーションが華やか☆
 

うぅぅぅぅぅぅ、課題たっぷりあるのになぁー(涙)。イースターホリデーも重なって木曜日から月曜日まで、5連休なのだけど、全然課題に手をつけてましぇん、わははは。

 

4月だというのに、カルガリーはこの通り、雪、!の毎日。

 

snow.jpg

 

▲北米では日本みたいにバックして車を停めません。
勢いよく頭から突っ込んで駐車!

 

早く春にならないかなぁー、と思いつつ。課題に追われつつも、相変わらず飲んだり食べたり、を楽しんでいます。今日のエントリーはちょっと長いよ。

 

先日ストレス発散しに友人とPubへ行って、わんさかビール飲んで語らってきちゃいました。

 

kokanee.jpg

 

▲たっぷりとピッチャーで。ゴクゴクと。
ピッチャーの方が安いのよ。(言い訳)

 

chickens.jpg

 

▲木曜日はWing Day♪チキンウィング¢35。
手前のはレモンペッパー味、奥のはタイ味でちょっとピリ辛。

 

poutin.jpg

▲さらに大好きなPoutineも。
フライドポテトにチーズ&グレービーソースがかかっておりやす。

彼女は、私より若いけど人生経験豊富、そして現在国際恋愛中という同じ境遇ということもあり、喋りだしたら止まらないんであった。

 

そしてこの間は、Winter Festivalでボランティアをした時のボスから、おうちディナーへの招待があって、すっかりご馳走になってきました。

 

how to.jpg

 

▲彼女の得意料理だというキッシュを、一緒に手作り。
ワインを飲んでおしゃべりしながら、楽しく準備♪

キッシュは、パイ生地にハムや赤&緑ピーマン、たまねぎなどを入れて、チーズを削りかけ、さらに牛乳&卵に塩コショウをしてオーブンへ!

 

quiche.jpg

 

▲タラーン♪出来上がりはこんなんでごじゃります。

dinner.jpg

▲熱々のところを、マッシュポテトやサラダ、パンと一緒にいただきまっす!
これぞカナディアン料理ってところでしょーか。

彼女のマッシュポテトは、ポテトを茹でるときににんにくと一緒に茹でるのが隠し味。

出来上がりは、ほーんのりとガーリックの香りがして、おいしかったっす。

ボスとは、のんびりとした家族中心主義のカナダと、仕事に追われる日本の違い。そこに存在する各国のサービスや税金の話などなど、相変わらずためになる話をできて楽しかった。

 

…と、こんな息抜きもしつつ、イースターに向かって準備に追われている今日この頃なのです。

去年は相方と二人きりだったので、たいしたことしなかったんだけれど、今年はですね。ケーキが6つも焼かれているし、当日の食事の仕込みがあったりと、すごいことになってます。ワクワク。

ケーキの一部をご紹介。

こちらは、ポーランドではイースターに必ず焼くケーキなのだそう。

 

cake.jpg

 

▲ホットケーキとクッキーの真ん中くらいの柔らかさのケーキを何枚も焼き、
ホイップクリームと交互に重ねていきます。んで、周りをホイップクリームで
デコレーションし、1日冷蔵庫で寝かせると、クリームがケーキにしみ込んで
程よいやわらかさになるんだとか。

 

トップにゼリーをトッピングして完成!

 

cake2.jpg

 

▲食べるのはイースター当日の日曜日。
今からワクワクです。

こちらも相方ママお手製のケーキ達。

 

cakes.jpg

 

▲左はナッツケーキに、右はチーズケーキ☆
こちらはコソコソ味見しました~、美味、美味。

明日の食事が楽しみだなぁー、と思いつつ今日土曜日は教会に行って参りましたよ。去年と同じくバスケットに明日食べるパンやソーセージ、卵を入れて、ポーランド人が集まる教会へ。

 

basket.jpg

 

▲持って行ったバスケットの中身はこんなカンジ。
こっそり羊チャンが居るのが見えるでしょーか☆

 

charch.jpg

 

▲間違いなく私はたった一人の日本人、いやアジア人でした(笑)。
ポーランド語&英語で行われたセレモニーでは、聖水で卵を清めます。

…とこんなカンジで5連休も残り2日。いつ課題をこなすのかいまだ不明なんですわ。

ではでは皆さんもHave a happy Easter!!

 

WORLD FIGURE SKATING CHAMPIONSHIPS 2007

時差があったものの、カナダでも女子フィギュアスケート世界選手権を見ました。

2日目の演技、真央チャンすごかったっすね~。会場の声援も手伝って、思わずこちらももらい泣きしてしまった!相方も一緒になって感涙(笑)

カナダの番組でも、日本でどれだけメディアが彼女達を取り上げているのか、会場の日本人カメラマンの数や、コマーシャルや雑誌、広告を映し出してその注目振りを伝えていました。曰く、They are extremely popular in Japan!

そして会場が日本であることも重なって、ものすごいプレッシャーと戦っていることも鮮明に伝えられてました。

他国の選手それぞれのインタビューを見てて思ったのだけれど、北米選手はもちろんのことヨーロッパの選手、韓国のキム・ヨナ選手も英語でしっかりインタビューに答えていたのだけれど、

日本人選手では、美姫チャンのみが英語での受け答えでした。他2名は通訳付き。しかもその通訳さんも、ちょっとシドロモドロ…で悲しい気持になってしもーた。国際舞台で流暢に英語を操る日本人がいたらもっと素敵なのに~。
ちなみにカナダからの2名はだめだめでした。2人はカナダでは金・銀のチャンピオンなんだけれど、解説者に言わせると世界標準が高くなりすぎてきて、追いつけないとのこと。確かに見ていて、技術の違いがありましたですね。

2010年にはバンクーバーでオリンピックですねん。見に行きたいなーーーー。

 

■おまけ■

今日Chinook Centerで食べたディリークィーンのBrownie Earthquake.(アイスクリームにブラウニーが乗っかったデザート)の写真があまり可愛く撮れなかったので、代わりにこちらを。フードコートで食べたチャイニーズ。

 

chineese.jpg

 

昨日の記事にダイエットするって書いたばっかりなのに。

相変わらず口だけです、私。

 

 

My way to de-stress

最近のカルガリーは15度くらい暖かくなったと思ったら、氷点下10度までさがったりと忙しいお天気。

早くほんわかした春になってほしいのに、カルガリーにはまだまだ春は遠いみたい。

一日の中でも気温の変化が激しくて、すっかり体力とやる気が消耗気味&体調を崩していたので、ホームシックにもなっていました。やる気と体力がなくなると、日本語が恋しくって仕方なくなります。

テレビから聞こえる英語も、英語で書かれたテキストも、英語で課題をこなすことも授業を聞くことも話すことも何もかも、すべてがストレスになってくる。
お買い物をたくさんして気を紛らわしてみたりしたものの、なかなかシャキッとすることができずにいたんだけれど。

 

 

恋しかった味噌ラーメンを食べたら、元気が出たーー!

miso.jpg

これで元気回復できるなんて、やっぱり私は札幌っ子なのだなぁ。

日本食をレストランに食べにいくのは久しぶり。行ったのはラーメンがおいしいと噂の四季路(1608 Centre Street NE)。ここにくるのは1年以上ぶりくらいじゃないかな。

 

相方も興味津々で一緒に味噌ラーメンに挑戦!

 

味噌ラーメンにはキャベツやコーンが入っていておいしかった(涙)、ほんとに涙出そうになるくらいおいしく感じた。札幌にいた時はラーメンを食べられることにありがたい、なんて感じたことなかったけれど、久々に食べるラーメンのおいしいこと!
ラーメンと言えば餃子にビールも!

 

gyoza.jpg

 

このパリパリの皮が恋しかったの…(涙)。

 
そいでもってお寿司もお好みで頼んじゃった!

 

sushi.jpg

  

 

ガツガツ頼む私たちを見て、感心するウエイターさん。「よっぽどお腹空いていたんだねー、ほんとに全部食べれるのー?ランチ時間にこんなに食べる人見たことないよ」と笑われたけれど、私たちには標準なんですのよ。
あー満足!満足!満足~!!!!

 

その後、車の中でジーンズのボタンを外し、シートを後ろに倒した私はやばいでしょうか。

 

Homer5.gif「食べ過ぎた後のHomerみたーい!」

 

って相方にうれしそうに言われてしまうのはどうかと思う。

 

 

 

夏に向けてダイエット開始!

 

Enjoyed Calgary’s beautiful sunset

サマータイムにて、時計を1時間早めました!

これからどんどん日が長くなるのね~☆

さてさて、先週はみんなで記念日外食、友人のウェディングドレス選び+一緒にご飯、ビューティナイト、そして土曜日は元ホストママ宅でパーティ…と、楽しいこと目白押しだったけわけです。

さらに、ハッピーなことに。

金曜日学校へ行くと、ビューティナイトを企画したクラスメイトが

『オメデトー!200ドル分、当たったよ!』と持ってきてくれたのが、こちら。

 

cosme.jpg

 

 

リップグロスに口紅、チーク2種類、アイシャドウ5種類、アイメイクリムーバーに、フェイシャルクレンジングとどっさり入った籠を持ってきてくれました。

このイベントは参加無料で、コーヒーやらフルーツやらクッキーやらをバクバクいただき、さらにカナディアン方式なアイメイクで塗られまくり(笑)、お花のプレゼントまで貰っただけで、それなりに満足だったというのに。

参加者の中から1名だけに抽選で当たるこのギフト。まさか自分が当たるとは思っていなかったので、大喜びでやんしたよー♪♪ 

さて。

最近とってもお天気が良くて暖かいカルガリー。

サマータイムにもなったことだし、夕食後テクテクとサンセットを見にお散歩に出ました。

 

river.jpg

 

▲Bow Riverを覆っていた分厚い氷も、最近の陽射しのおかげで
随分溶けてきたみたい。

 

 

sunset1.jpg

 

▲あぁー、こうやって見ると本当に何もない田舎なのだわ。

 

 

buildings.jpg

 

▲が、後ろを振り返ればドデンとそびえ立つダウンタウンのビル群。
夕焼けを反射して綺麗でした。

sunset2.jpg

▲一分、一分表情が違う、夕焼けタイムの空。
次々といろんな色を見せてくれます。

sunset3.jpg

▲雪融けでできた水たまりも、こんな演出を見せてくれました。
夕焼け空を反射してとても幻想的。

 

さて、明日からの一週間は課題もなくラクチンそう♪なにしよっかな~~!

 

 

Happy days

更新が頻繁、ということは、リラックスモードな日々が続いているというわけで(笑)。

今週は月曜日に中間テスト。木曜日にひとつ課題の締め切りがあるだけで、比較的ラクチンな週なのです。

なので、遊びの予定をたくさん入れちゃった☆

先週末土曜日は、3時間くらいかけてずーっとお散歩。チャイナタウンでベトナム料理をしっかり食べて…

beef.jpg 

▲最近Bun(お米からできた押し出し麺。素麺をやわらかくしたカンジ)がお気に入り。
これはビーフのせです。

 

川沿いをペチャクチャおしゃべりしながらひたすら歩き、相方が新しくカメラ用の照明機材が欲しいというので、ご用達のカメラショップを2店ほど見て回っている間に、とってもかわいいお店を発見!

chintz2.jpg

▲お花屋さんではなく、インテリアショップ。
これらのお花はフェイクです。

chintz1.jpg 

▲家具やベッド小物、ファブリックに食器類、バスグッズなどなど
3フロアにところ狭しとかわいいものが並んでいたよ。

お店の名前は、Chintz(1238-11th Ave SW)。ホームページにもたくさん商品が載っていたので、興味ある方はぜひぜひ。店内は予想以上に混雑してました。

こうやって散歩中にかわいいお店を発見できると嬉しいやね。

その後、CO-OPとコリアン食材店で食料買出しして、土曜日は海老三昧のお料理を作って楽しみました。

日曜日は、月曜日の中間テストの勉強をしないと…と思いつつもChinook Centerでお買い物。American EaglsでTシャツ買って、MACでリップグロスを購入。

MACで対応してくれた販売員さんが、男性だったんだけど。背が高くて筋肉モリモリの男性。

でも、お化粧ばっちりでピエロそっくりで、その上すべてのしぐさが女性で、釘付けになっちゃったよ。カルガリーにもいるのね。

 

今日、月曜日はFundraisingの中間テストをさっさと終わらし(ちゃんと勉強しただよ。今回は覚えることが多くてちょっぴり大変だったかも)

ずっと会いたかったAさんとランチおしゃべり☆

やった!またしてもベトナム料理を食べちゃった!

shrimp and pork.jpg

▲またしてもBun。今回は海老ちゃんとポークのせ。
このポークが香ばしくてすごくおいしいよ。

おめでたいお話がいっぱい聞けて、こちらまで幸せ気分になっちゃった。元気な赤ちゃんが産まれますように…☆

とにかく、食べて笑って喋って楽しかった~♪

jugo.jpg 

▲JUGO JUICEに行って、ジュースをオーダー。まだまだ喋ります。
ちなみに私はOrange Sqeezeという、パイナップル、ピーチ、オレンジジュース、
トロピカルネクターの入ったジュース。
Aさんはプロテイン入りっす!栄養つけてください!

 

明日火曜日は、相方家族がカナダへきて20周年記念ということでお食事。

水曜日は友人のウエディングドレス選び&ディナー。

木曜日はクラスメイトが企画するビューティー・ナイト♪

ということで、しばらく遊びます。

 

 

 

iPhone and My Celebrity Look-alikes

カナダにきてから、最新テクノロジー情報に触れることが少なくなった気がする。

やっぱりね、最新機器についての情報過多の日本から離れていると、なんだかものすごく取り残されている気分になったりするもんです。日本の携帯電話事情とか、今さっぱりわかりまへん。

IT産業の片隅に身を置いていた自分としてはちょっと情けないよね。

んで、遅ればせながら、気になっていたアップルのiPhoneについて知るべく、Macworld 2007のスティーブ・ジョブズ キーノートの動画を鑑賞。

これが2時間ほどなんだけれど、かーなーり面白くって見ごたえのあるプレゼンでしたよ。こういう時、「あー、英語勉強してきて良かった」と実感できる瞬間だす。

 

jobsmain.jpg
▲やっぱり黒タートルにジーンズなのだ。
ちなみに彼の着せ替えゲームはこちらから

 

私ってば決してMacの回し者でもなければ、熱狂的なマックファンなけでもないけれど。

ジョブスのプレゼンはとても説得力がありました。
ユーザの立場を第一に考え、そしてかっこよさ、満足感やサプライズがいっぱいのマックプロダクツを理論的にプレゼンしていく。このおっちゃん、やっぱりすごい。このプレゼンを準備するのに、どれくらい時間かけたんだろーって思ってしまうくらい用意周到な素晴らしいプレゼンです。

iPhoneは簡単に言えば、ipodとスマートフォンを合体させ、スクリーン内はコンピュータのインターフェイスを持った携帯電話とすれば分かりやすいのかなぁ。

OSはOS Xで、マルチタッチ認識。3.5インチ480×320スクリーン。2メガピクセルカメラ。8GBメモリ。サイズは 115 x 61 x 11.6mm、135グラム。

ひとつひとつの特徴をジョブス説で、笑いを交えながら説明していくのが楽しい。

会場のスクリーンに映っているiPhoneはジョブスが手元で操作しているんだけれど、悲しかったのは、iPhoneを操作するたびに、いちいち眼鏡を頭にのっけて(ヘアバンドみたいにね)、話すときにはめがねを下ろして、という動作。

『いやいや、おっちゃん、もう年なんだからiPhoneのスクリーンはあなたには小さすぎるのよ。』と突っ込んでしまいました。

 

 

さてこのiPhoneちゃん。写真を閲覧する時がこれまたかわいい。

ランドスケープモード(横)とポートレートモード(縦)は加速度センサで自動認識!つまり、携帯を縦から横にしたら、瞬間的に切り替えて写真をポートレートで見れるの。

 

iphone2.jpg

 

これはWiiのコントローラ機能と同じですねん。

 

そして、私が気に入ったのが写真を見る時のズーム方法。

 

iphone pic.jpg

 

パネルの上で親指と人差し指を使って、グインッと広げる動作をすると、写真が拡大されちゃう。
うー、これ試したい。

 

笑ったのが、

搭載されているGoogle Mapsの機能説明をしている時。スターバックスのPOI(電話番号が表示される)からほんとに通話しちゃうの。電話に出た女性に、「ラテを4000人分おねがい。おっと失礼、間違いました」って通話終了させちゃった。

こういうイタズラを取り込みながら楽しくプレゼンは進行されていくのでありました。

北米では6月発売予定だそうで。

んで、気になる日本は…GSM/EDGEと呼ばれる通信方式を使っていない閉鎖した携帯市場のため、難しそうっすね。ここらへんのお話は、インターネットにたくさん情報が溢れているので、興味のある方は追及してみてくだされ。

 

 

さてさて、もうひとつ。

色んな方のblogから見つけたこちらのサイト

自分の顔写真を取り込むだけで、自分にそっくりな有名人を探し出してくれるのよん。

 

私の結果はこちら。

face.jpg

 

▲久石譲さんがいるっ(笑)!そりゃ、私おでこが広いのは自慢ですが。

私に会った人だけ分かるよね。
苦情は受け付けませんよ。

 

おもろいので、違う写真で試してみた。

 

face2.jpg

 

▲だから、苦情は受け付けません。
でもなんで浜崎あゆみが1位・・・。

 

Jang Naraという方が、どっちの結果にもいますね。あなたは一体だれですか?

 

Already March!?

気が付いたら3月になっていた!

最近、ちょっと学校の課題、グループプロジェクトとMid Termにやられてお疲れ気味でした。んが、ちょっと一息ついた~☆

というわけで、たまっていた写真と一緒に更新!

今週は雪が降ってばかりのカルガリーだったけれど、先週は結構いいお天気続きだったので、お外へお散歩に。

sky.jpg

▲すごく綺麗な青空!
冬の晴天って気持がよくて大好き。

 

 

trees.jpg

 

▲このベンチに座って、ポカポカ日光浴。
まるで夏の陽射しのようだったよ。

ということで、右のサイドバーのauthor部分の写真を、この日に撮った冬バージョンに差し替えました。・・・って、巷ではもう春なんでしょうけど。カルガリーの川は、まだまだ雪で覆われているのです。

 

あとは、相変わらず週末はお寿司握ってます。

最近のお気に入りはこちら。

 

rolls.jpg

  

うなたまロールちゃん。

うなぎと、たまご、きゅうり入りのロールです。これが相方ママの心をグッと捕らえたようで。

そして、アジア系スーパーで冷凍さんま3本入り$4.99というのを発見したので、早速さんま料理もしました。生姜で煮たのもおいしかったのだけれど、

ヒットしたのはこちら。

 

misosoup.jpg

  

さんまの内臓をきれいに取って、3枚におろして身と骨をたたいて、生姜、ねぎを加えてすり身にしたら、これまたいいお味になりました。

さんまって、なかなかいい仕事してくれるよね。

 

あとはね、久々にカルガリーに帰ってきた友人と再会して昼間からビールを飲んで乾杯したり☆、

クラスメイトのKに誘われて、『Ranchmans』というカウボーイパブへ行ってきたり☆

ま、なんだかんだ言って飲んだり遊んだりはしているのね、私って。

beer.jpg←このビールを抱えている写真は私とK。Kは私がクラスで最初に友達になった女の子。ムードメーカーで、いつもクラスを笑わしてくれるめっちゃ楽しいいいヤツなのです。
この日は、奥のエリアの団体さんからビールを何本もタダでご馳走してもらったり、お店からはチョコレートやウォッカのサービスがあって、ほぼ無料で酔っ払ってきました。
 

pool.jpg

 

ビリヤードで遊んだり。

 

 

 

 

そして、そして。

 

一番強烈だったのが、これ。

 

これなーーーーんだ?

bull1.jpg

 

 

これは、このパブにあるカウボーイ体験のできるBullの背中です。もちろん機械ですがね。

$5で体験できるんだけれど、これが怖いのなんのって。

まず乗る前に、「例え怪我しても死んでも、それは私の責任です」っていう紙にサインします。

んで、カウボーイのお兄ちゃんが手取り足取り、どうやってグワングワン激しく揺れ動く牛の背中にしがみついていられるかをレクチャーしてくれるんだけども。

bull.jpg本当に振り落とされそうになるのだよ。しかも利き手じゃない手で綱をつかんで、片手を上に向けて突き上げ、ほんとのカウボーイみたいにしなくちゃいけないの。

私はずっと叫びっぱなしでした(笑)。

ちなみにこの写真はKです。
 

ということで、カウボーイ体験をしてみたい方、どうぞお試しあれ♪

 

 

 

 

Resume

今日、Career Advancementのクラスでは、履歴書の書き方をおさらいし、
先生が、生徒一人一人とカウンセリングしてよりよい履歴書を仕上げていく作業だった。

以前のカレッジでも履歴書について習ったのだけれど、今のカレッジではもっと具体的でカウンセリング付なので、ありがたいです。 

カナダの履歴書はですね、現在3種類の履歴書があってそれぞれ長所・短所があるんだけど、日本と違ってすごく自分をセールスしやすい仕組みになっているのだ。

3種類とは。

1)Chronological Format
日本みたいに職歴・学歴を年代順に書くタイプ

2)Functional Format
業種に合わせて
「私は、○○プランニングができます」
「組織をまとめる力があります」
とか、自分のスキルのみを箇条書きにする書くタイプ

3)Combination / Targeted Format
1と2の混合タイプ
1)は、休職や、出産で生じる職歴の年代にギャップがあるのがばれちゃうけど、2)はスキルのみ書くから、自分の出来ることをアピールできちゃう。就職経験のない人や、転職が多すぎる人に便利なわけだ。3)は、過去の職歴と、自分のスキル、両方をアピールしたい場合に使う。

1)は、例えば同じ業種で同じ職種を、安定して長く経験してきた人向き。銀行とかお堅いお仕事向けらしいです。

 

そして、一番日本と違うところは
顔写真も生年月日もいらないのですよ。独身・既婚云々も聞かれません。

というか、法的に聞いちゃいけないことになっているのですね。
日本って、女性は独身でも既婚でも、年齢があがることで就職に不利になる条件があがっていくけれども、

逆にカナダでは、年をとっている方が経験が豊かでよりプロフェッショナル、という見方をする傾向があるのですな。

ごもっとも!だよね。

ここらへんは、本当に北米は進んでいるなぁーと思う。
ほんでもって、絶対履歴書はタイプされたものじゃないと、「プロフェッショナルじゃない」とみなされちゃうんだけど。

日本って、いまでも手書き履歴書の方が優遇なんだよね?

私はこの点に関してはアナログの日本語手書きが好きだったりします。やっぱり丁寧なカンジ、するもんね。

 

ということで、忘れないうちに今日の復習でした。

 

Memo-2 about Volunteer

そういえば、バレンタインデーでしたねぇ♪

 

love.jpg

 

ちなみにこの写真は相方ママから、相方と私に作ってくれたLOVELOVEクッキー(笑)。
私はお返しに、ハート型のお寿司を作りました!(写真撮り忘れ~)

こちらでは、男→女の子へのギフトが基本なので、義理チョコを配らなくていいのがうれしいのです。

私は欲しかったLa Senzaのロングのもこもこバスローブをゲット!
ネットで写真を探したんだけど、同じのがなかったんだけど、表現はまさにこれがぴったり☆

So soft and cozy you’ll feel like you’re wrapped in a cloud.

ずっとくるまっていたいくらい、もこもこふわふわ。あったかいです。  

 

 

さて。前回の続き。

 

最近思っていることを箇条書きにメモメモpart2

●ボランティア&交流会

学校から20時間以上のボランティアを課され、

Calgary Winter Festivalというイベントのボランティアをしました。

 

カナダは、本当にボランティアが盛んなところでして。どこのイベントに行ってもボランティアがわんさかいます。学生はもちろんのこと、主婦の人もボランティアに積極的に参加している。ボランティア精神が非常に旺盛なのね、きっと。

でも、私って絶対自分からはボランティアをしないキャラクターなのです。多分、10代とか20代前半でカナダにきていたら、なんのためらいもなく面白がってたくさんボランティアしたと思うんだけど。

学校でもちゃんと、企業側・生徒側にとってのボランティアのメリットなんぞを教えられました。ボランティアがいるからこそ成り立つイベントがたくさんあり、そして、生徒にとっては、就業につながる人と人とのコネを作るいいチャンでもある。

また、ボランティアを雇うということが、どんなに企業にとってリスクが高いものかという討論もあったりして。

ほら、やっぱり『仕事=責任感+質の高いサービス』というのがボランティアにあてはまらない時が多々あるわけなのです。カナダは特に。

まぁ、他にもいろいろあるのですが、どうボランティアとして働くこうかしら、なんてちょっと戸惑ったこともあるのだけれど、結果としては学ぶことの多い体験でした。プレスキット製作したり、プロモーションイベントに参加したり、橋に広告つけてみたり、オープニングイベントに参加したくらいで。たいしたことは全然全然全然してないけど。

担当になってくれた女性が、とてつもなくいい人だったおかげで、世間話をしながら学んだことが多かった気がする。「これは学校で習った?仕事ではこうやって使うのよ」とか、本当に親切に手取り足取り教えてくれたのです。

 

fes1.jpg

▲オープニング・キックオフにて。 モザイクが私。

私と、マスコットを挟んで左にいる女性は、テレビ(Global)で朝のニュースを担当しているキャスター。今回のイベントのMC担当でものすごぉーく綺麗でした。このマスコット(クラスメイトが入っている)の手を引き、会場の子供たちに挨拶まわりをしました。

 

show.jpg

 

▲ついでにその後はファッションショーもあって、こちらも盛り上がってました!

 

そして15日は、このボランティアをしていた会社の人が、ボランティアのお礼に参加料を出してくれるということで、MPIという国際イベント組織のディナー&講演会に参加。

 

event.jpg

▲Networking(いわゆる人と人とのネットワーク作りタイム)真っ最中。

私は、どちらかというと、年上のおじさまばかりが多い交流会に顔を出してきたタイプなので、イベントプランナーやホテル業界といった女性が多い交流会が新鮮だった。

 

dinner.jpg

 

▲一番楽しみにしていたディナーは、残念ながらコースではなく、ビュッフェ形式でした。
なので遠慮なく海老をたんまりと盛る。

 

dessert.jpg

デザートがこれまたおいしくて!中でもこのプディングが美味しかった!

ビュッフェのいいところは、好きなだけ盛ることができるっつーことだね。

 

 

 

 

 

 

 sign.jpg

んで、ちょっと写真がボケてるけれど、ホテルやイベントのビュッフェ形式では、こういう注意書がよくあります。

簡単に言うと、

「これらのデザートは、ナッツ入ってるからね!」

ということなんだけれど、これは主催者のliability(法的な義務)。

ナッツアレルギーが多い北米では、死に至ることもあるので必須なんですな。学校でもフードメニューを習った際に、ここら辺はがっちり習いました。

ということでして。

あとは、ボランティアについてレポートを提出するだけ♪♪

…ちょっとめんどくさいな。

 

Memo-1

最近思っていることを箇条書きにメモメモpart1

●外から見た日本とは

大学のときにカリフォルニアに短期留学した際、台湾人のシェアメイトがやたら日本のドラマや雑誌に詳しいことにびっくりしたことがある。

学校に行ってみると、台湾人のみならず韓国人や中国人も、日本のトレンドを追っていて、なにかと日本を目標としているような話題が多かった。(逆にコンプレックスを丸出しにされたこともあった)
その時、

『そうか、日本って飛びぬけた経済大国で、アジアの中では成功し恵まれた幸せな国なんだ』

という、ものすごーく当たり前の事実に気づいた。

アジア諸国の同年代の若者から『日本』の印象をリアルに発信されたことは、当時の私にとって初めての体験であり、衝撃的なショックを受けた。生まれてから大学まで、のほほぉぉーーーんと生きてきた私にとっては、日本を外から見るとどうなのか、なんて考えたこともなかったんだもの。

こう書くと大袈裟に感じるけど、その時の印象は今でも心に焼き付いている。

 

カナダにきてから、『日本』という国をいままでと違う視点で見る新鮮さを味わう機会がさらに多い。

ちょっとマジメなところでいうと。
最近、イラン人の方と知り合うきっかけがあったのだけれど、私が日本人だとわかると目を輝かせて、「カルガリーにきてもう5年になるけれど、日本人にずっと会いたいと思っていたんだ。イランはね、日本ととてもいい友好関係を築いているんだよ。あー、うれしいなぁ、日本人と会えて。」と言われた。

正直、うれしい反面ものすごく戸惑ってしまった。だって、悲しいことにそのとき私の中には「イラン」と「日本」を結びつける友好関係が浮かんでこなくって。その後他愛もない話でお茶を濁し、そそくさと帰宅してインターネットで両国の関係を調べてみた。

へぇー、イランにとっては日本は先進国の中で1番といえるほど長く友好的な関係を築いているらしい。

別にだからどうした、なんだけれども。もしもっと知識を持っていたら、あのときの会話がもっと広がっただろうにと思うと、ちょっと悲しかった。

 

ちょっとマジメじゃない話でいうと。
(1)私が生卵をお箸でかきまぜていると、相方ママが不思議そうに「Yummyはやっぱり日本人ね。私は卵はフォークでかきまぜるものと思っていたけれど、Yummyにとってはお箸が当たり前なのよね」としみじみ感心された。

私にとっては、『フォークで卵をかき混ぜる』という発想を持ったことがなかったので、

「そ、そうか。お箸の国出身だから卵をお箸でかき混ぜてきたけれど、フォークっていう手段もあるんだ」

という、なんとも幼稚だけれど新しい発見をした気分になったのだ。

(2)相方パパがお正月に、「Yummy、日本でお年寄りがお正月に食べるお菓子を食べて喉つまりを起こして亡くなったっていうニュースがやっていたけれど、どんなお菓子なんだい?」と興味津々で聞いてきた。

お餅という、欧米人から見れば摩訶不思議に伸びるRice Cakeをお正月に食べるという風習、そしてお正月にはいつもこの手の悲しいニュースがあるという事実を説明すると、

「そんな危険なCakeはもう食べちゃだめだよ。ポーランドのケーキを食べなさい。」と言われた。

 

とっても些細なことだけれど、
自分にとっては当たり前の出来事が、国籍の違う人にとっては不思議に映るという事実が、なんだかとっても可笑しくて、不思議な気持ちになった。

 

(3)映画『硫黄島からの手紙』を映画館で観た。

やっぱり腹切り、首切り、といった日本独特の自殺について、欧米人は理解しがたいらしい。  

「お国に奉公できなかったので、みずから身を滅ぼして謝罪」っていうのが

「No Points!(意味ないじゃーん)」らしく、映画終了後、耳を澄ましているとこういう表現が周りからたくさん聞こえてきた。要は、自殺するくらいなら、最後までがんばって戦えよってところでしょうか。

私もさすがに腹切りは古い考えだと思うけれど、でも未だに日本では何か大きな問題が起きたときに「責任を取って自殺」をしてしまう人がいるわけで。

こういう美徳をいまだに持ち続けているのも日本なのかしら、と思ったり。

 

(4)それにしても、相方と昨年末の紅白歌合戦を鑑賞し

 

 

細川たかしの着物姿を見て

 

samurai-1.jpg

  

ウワーッ、サムライ!カッコイイ!

 

と叫んだり。

 

 

 

 

今井美樹の後ろで激しくギターを弾く布袋寅泰を見て

indiana-jones1.jpg

 

イ、インディアナ・ジョーンズ!?

 

 

 

 

と言った時には

 

「そうか、外国人から見ればそう映っちゃうわけか」

 

 

と笑ったのであった。

 

他にもこんな些細なことが日々たくさんあるのだけれど、ここらへんで。

 

 

続く。