Archive for September, 2006

The carpet of leaves

ビジネスコミュニケーションのテスト終了。明日は会計学のテストだーい。

テストのときに限って、ものすごくいい天気ー!気温も20℃とポカポカです。

待ちに待った、つかの間のインディアンサマー(秋に一時的に暑くなる時期のこと)でございます。

日曜日からは寒くなるらしい。でもカルガリーの天気予報はあてにならない。

 

カルガリーは木々が黄色に染まって、すっかり秋景色です。

落ち葉で埋め尽くされた小道を歩くとカサカサと音がするのがうれしい。深呼吸すると、あまーい紅葉の匂いもたのしめます。

今日は太陽に誘われたので(←これ、ステキな言い訳だわ)、秋を探しにお散歩してきました。

 

river

  

▲風がない穏やかな日だったので、色づいた木々が綺麗にBow Riverに反射してました。

 

 

UofC

 

▲こちらはUniversity of Calgaryの構内での一枚。

 

 

path

 

▲Bow River沿いの小道

 

 

carpet of leaves

 

▲落ち葉の絨毯。

 

 

grass

 

▲これはなに?ススキの小さいの?

 

 

cotton

 

▲綿が飛び立っていきましたよ。

 

あーあー、秋だなー。おいしい秋刀魚食べたいなぁ。お鍋もいいなぁ。いくらの醤油漬も食べたいなぁ。

一人悲しく妄想中。

 

 

How was your weekend?

久々です。

ついつい更新が滞りがちな今日この頃。だって、月曜日かと思えば、あっという間に金曜日なんですものー。

何をしているかと聞かれれば、とくにこれといってないのだけれども。うーむ。

綺麗好きな相方ママがカルガリーに戻ってきてまた一緒に暮らし始めたので、洗濯&アイロン・掃除・料理を、すべて笑顔でやってくれちゃったりするわけで…。掃除が隅々まで行き届いた快適な部屋で、おいしいポーランド料理を食べつつ、とんでもなく平和な日々を過ごしています。バチが当たりそうっす。

相方ママとは、一緒にポーランド旅行をしたおかげなのか、お互い慣れてきたのか、以前相方ママと暮らしていたときよりも、より家族に近い、いい意味でお互い気を使わずに、でもって、尊重しつつ仲良く生活できているのは有難いことです。

 

学校も順調♪先生、授業、クラスメイトの質も本当に満足。朝起きるのが辛いのは私の特性だとしても、学校に行くのはぜんぜん嫌じゃない。自分がいままで経験してきた仕事の内容と絡むことも多く、ひとつひとつの講義や宿題から、脳みそがプスプスと音をたてて刺激されている!と感じることが多いです。

 

さて。

そんなわけで今日は旅行記を一回お休みして、ほのぼのとした日々の雑記を。

金曜日、カレッジでは新入生歓迎のBBQパーティでした。

といっても、すんごい風が強くて寒かったんだけど(涙)。

カレッジの入り口付近にDJブース(しょぼい)が設置され、音楽ガンガン。

そこに学校のスタッフ&先生達がエプロン姿で、強風と煙にまみれてソーセージやらハンバーグを焼く姿はすこし哀れでした。

free無料って言葉に弱いので、ありがたくホットドッグをチョイスし、サラダを盛りつけ、ジュースをかっぱらい、さらには学校オリジナルのドリンクボトル(緑)や、スケジュール帳などもゲットし、

クラスメイト達と一緒に、そそくさと室内のカフェテリアに逃げ込みまして、温まりながら食べましたよ。

 

 

 

土曜日は、風邪が治ってきた相方を連れ出して、Chinook Center(ショッピングモール)でお買い物。目的は、日本の家族に送るためのかわいいフォトアルバム探しと、相方のジーンズ、そして相方ママがポーランドから買ってきてくれたスカートに合わせるための冬用のトップス探しだったのだけど、

なぜか帰るときには、ZARAで見つけたかわいい冬用のパンツ2本が…。おかしいなぁ。

小腹が空いたので、フードコートで一休み。

 

foodcoat

 

Chinook Centerのフードコートは、一部天窓になっていて太陽の光がたっぷり入って気持ちがいいので、お気に入りです。

ハンバーガーはもちろん、メキシカンやタイフード、中華などいろいろ選べるんであります。もちろん、日本食も2軒。

 

sushiQ

 

『SUSHI-Q』はお寿司のお店。フードコートのど真ん中にドデンとお店を構えてます。小さなパックにいくつかの握り寿司や巻き寿司が入って$12とか、あこぎな商売してらっしゃいまする。働いている人も日本人じゃないところが悲しい。でも、結構人気なのよね、これが。

そんで、こちらは『EDO-江戸』。ChinookCenterのみならず、いろんなフードコートで見かける日本食のお店。

 

edo

  

こちらの売りは、鉄板焼きのようで、焼きソバや、海老のテリヤキソース炒めみたいなのがメニューにありまする。他のお店が$5-$6でコンボを提供しているのに比べると、こちらは$7-$9と若干お値段高め。それでも行列はできている。もちろん、店員さんは日本人ではない。

いつも思うのは、こういうフードコートで売っている日本食を、本当の日本食だと思ってほしくない!と切実に思うのだけど、私には何もできないのであった。

 

今日、日曜日はヘアカット&カラーをしてもらいましたー!前回と同じく、日本人の美容師さんにおうちまで来てもらって髪を切ってもらったよ。(前回の様子はこちら)

また短くしてもらって、とってもスッキリ。でも、今年の冬は伸ばそうかなーとも思ったりしつつ。予定は未定。

 

そして夕食はお寿司。

お寿司大好きな相方&相方ママのリクエストで、週に1回はお寿司の日なので、週に1回だけ腕を奮っております。買うより、自分で握った方がかなり安いっすよ。

今日はアボガドと、かにマヨを使って、カリフォルニアロールに挑戦!最近、巻物の練習中なのだ。

日本の家族から相方ママへのプレゼントだった九谷焼のお茶碗や、お急須などを使って、おいしいお茶も楽しみました♪食器が充実しているのって楽しいだわ。

sushi1.jpgsushi2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?ワインが見えるって?

これまた相方ママのリクエストで、週末の金曜日、土曜日、日曜日はビールまたはワインを楽しむことにしておりやす。うっほっほ。相方が飲めない人なので、二人で暮らしていたときは一人酒がさみしかったけど、やっぱり誰かと飲むのは楽しいやねー。

二人でグラス一杯でご機嫌になって(そう、二人とも強くないくせにお酒好きなの)、いつまでたっても笑いとおしゃべりが止まらない夜となりました。

さー、今週はテストが二つあるけど、がんばるぞー。オー!

Memory of traveling -Part 2

カルガリーはもう冬です(泣)。

ここ数日、雨なんだか雪なんだかわからないのが降り続き、気温も氷点下。

でもでも、これからインディアンサマーといって、9月にはかならずまた夏日があったりするものだから、夏服もしまえやしないのです。

そう、気づけば9月も中旬ですが、忘れないうちに楽しかったポーランドでの北から南へ旅行した記録をアップしておきやす。

Part1は、相方の生まれ育った街、相方ママの住む街シェドルツェ編でしたが

Part2はクラクフ&ザコパネ編です。

クラクフは、1386年から1572年までポーランド王国の全盛期に首都として栄えた街。
中世の雰囲気が残る街並みがとても美しいところです。

ザコパネは、ポーランド最南部で夏・冬ともに山岳リゾートとして有名。
牧畜が盛んで、羊のチーズはもちろん、毛皮製品も有名なのよ。

では、いってみます!

◆Krakow(クラクフ)編◆~滞在期間4日間~

8月3日(木)

汽車に乗って、シェドルツェからワルシャワへ向かい、ワルシャワに住む叔母4と従妹マーガレットと合流し相方ママ、相方と5人での旅。

マーガレットは英語が堪能なので、おしゃべりに花が咲く!やったー♪
ブルーアイズで黒髪、長身のマーガレットはモデルのよう。実際マーガレットのお兄ちゃんはモデルなのです。

train特急に乗り換え、旧都クラクフまで2時間半の旅。

ポーランドで汽車に乗る場合、外国人は特に一等車に乗りましょう、とガイドブックにも書いてあるのだよ。

たしかに座席もゆったりしているし、個室になっているし、快適なのは言うまでもないのだけど、ニ等車、三等車に比べると、治安がぜんぜん違うとか。
しかし。
たとえ一等車だといっても、
列車とホームの間のギャップがすごく開いていてキャリーバッグを運び出すのに一苦労だったりと、日本ではありえないような経験も味わえた。日本って改めていい国だな。

クラクフは、日本で言えば京都。
旧都ということだけあって、街並みは歴史を感じさせる、しっとりとした中世の美しさ。ユネスコの世界遺産にも登録されているというのも納得です。

 

theater

 

 

滞在先は、ヨーロッパらしい重厚なマンションの一室!
apartmentバケーション混雑の中、ホテルが全く取れず、叔母4が「カナダと日本からゲストがいるんです!」と苦労の末、ブッキングしてくれたそう。

ポーランドでは家族で旅行する際、ホテル、ペンションと並んで、アパートの一室を借りることが多いとか。
一人一人に部屋はあるし、みんなでくつろげるキッチン&リビングもあるので、ホテルよりも快適だったかも♪

写真は、マーガレットと私がちょうどそのアパートから出るところ。すごい身長差でごわすね。

 

 

 

 

到着した日は、叔母4の心遣いにより、クラクフにある『日本美術・技術センター”マンガ館”』へ。
日本美術マニアだったというポーランドの著名なコレクターが開館した美術館です。
7000点にも及ぶ日本美術の作品が置かれていたよ。
相方ママから

 

「印籠って何?」

 

って聞かれたのだけど…

 
「控えい、控えい!この紋所が目に入らぬか!」by水戸黄門

 

しか思い浮かばなかった私は、まだまだ日本について勉強が必要(涙)。
ディナーは中央市場広場にある日本食レストランに連れて行ってくれました♪

お寿司でっせ~。アサヒビールで乾杯しました♪

sushi_ku
まさかポーランドでお寿司食べるだなんて…。シェフはポーランド人でしたよ(笑)。
お茶は中国茶だし、お味噌汁も微妙だったけど、感謝、感謝。

 

 

 

 

 

8月4日(金)

朝食はクラクフ名物のパン『プレッツェル』をいただく。モチモチしておいしいのだ!

 

breakfast

 

そのまま朝市へ。

お花、フルーツ、チーズ、アクセサリーから洋服まで、さまざまなものが雑多に賑わうマーケット。

 

market1

  

 

歩いているだけで活気が伝わってきて楽しい!

 

market2

 

マーケットもそうなんだけど、街並みも、街行く人々のファッションもみんなカラフル♪
ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープルといろんな色が自由に混ざり合っていて見ていてウキウキしてきます。

叔母4も相方ママも、結構なお年なんだけれども、後ろから見れば年齢不詳なほど若い娘に負けないオシャレをしている!

もちろんそんな彼女達から見ると、私のファッションは『どうしてそんな暗い色ばっかり着るの!』なんだそうで(笑)。

確かに、私のクローゼットを見ると「ベージュ、白、黒」が圧倒的。たまーにピンクとグリーンがあるくらいでしょうかね。

いや、ほら、シンプルな服が好きでして、ポイントはアクセサリーで付ける性質なの…
なーんていう言い訳が彼女達に通じる訳がなく

いつの間にやら、私は試着室に閉じ込められ、叔母4と相方ママとマーガレットが次々にカラフルでフリフリなデザインの洋服を持ってきて試着するはめに…(苦笑)。さらには相方まで参戦して、服を持ってくる始末。

「うふ、女の子を変身させるのって映画”プリティーウーマン”みたいで、楽しいわねー♪」なんていう彼女達を横目に、次から次へ試着しては、「これが似合う!」「いや、こっちの方がかわいい~」なんて言われる目に逢いました。

でもね、今まで自分が挑戦してこなかったような色やデザインの服を着てみるのって新鮮やね。
結局スカート、シャツ、セーター、秋用トレンチコート等、6,7着ほどお買い上げ。ついでに靴もお買い上げ。
それにしても安いわー。

countryランチは、ポーランドの田舎料理が食べられるレストランで、本格的なポーランド料理を楽しむ。

 

お買い物に疲れ果てた日。
夜はオシャレなダイニングバーでお酒を飲んで、おしゃべりに明け暮れました。

 
8月5日(土)


午前中はバベル城にあるジグムント礼拝堂へ。
さまざまな装飾を施した丸屋根やドーム。
ゴシック様式のバベル大聖堂ではかつてポーランド国王の戴冠式が行われたそう。王のお墓もここにありました。

最上階から、風景をパチリ。

view

 

 

 

その後は、またまたショッピング三昧!
モスグリーン、ショッキングピンクの膝丈パンツ、ヨーロッパ限定デザインのPUMAのスニーカーなどをお買い上げ。
カナダでPUMAは大流行なので、活躍してくれそう。

 

◆Zakopane(ザコパネ)編◆~滞在期間3日間~ 
8月6日(日)
今日はクラクフからザコパネへ移動の日。バスに乗って2時間程で山岳リゾートのザコパネへ到着です。

旅の疲れが出たのか、私達はホテルでお茶を楽しんだりして、のんびり過ごす。

夜は2時間の停電!ろうそくを灯しながら、お喋りを楽しみました。

 

8月7日(月)
体力回復の今日はザコパネ散策の日!
一歩外に出ると、ストリートショップがたくさんあって、この地域名産のレース刺繍、毛皮製品、皮小物、手作りの木製小物、羊のチーズ、クリスタルなどが所狭しと並んでいて、目移りしてしまうほど。

outfit
table

 

 

 

sheepcheese

↑これはぜーーんぶ羊のチーズ。燻製にしてあって、クセがあるのだけれど、おいしいよ♪

 

coat

そして、そして、私ってば!とても素敵なシルバーブルーで羊の毛皮のコートを見つけてしまった。

すごく軽くて、柔らかくて、素敵なの!

あーどうしよう、と、ひたすら悩む。

うさぎの毛皮のかわいいジャケットもあったのだけど、うさぎは毛が飛びやすく、長持ちしないから成長の早い子供向けなのよ、と相方ママに諭される。

ザコパネの羊の皮は、かなりの高品質だそう。なるほど。ペンケースやベルトもどれも羊の皮で、柔らかい。 そして何より、日本やカナダに比べると、安すぎなのよっ!!

羊の毛モコモコのセーターとふわふわ靴下を購入、そして、とにかく家族へのお土産をわんさか買い、毛皮は明日まで悩むことにする。

8月8日(火)

札幌の実家にまで電話をかけて、毛皮のコートを買うべきか相談。あっさり買うことに決定(笑)。
旅行者だとわかるとお店の人になめられるので、相方ママがすべて商談してくれて、ちょっと安くなった☆やったー♪

お買い物の余韻を味わいながら、カフェで元ローマ教皇の大好物だったというケーキをいただく。

cake

サクサクのパイ生地にカスタードがたっぷりつまったおいしいケーキでしたー。

 

そして、いざワルシャワへ出発!

今度は6時間の汽車の旅。
窓から見た山々の景色は、まるでアルプスの少女ハイジに出てくる風景。山の上にポツポツとかわいい家が並び、羊たちがのどかにたわむれ、なんとも平和な風景でした。

ワルシャワに到着すると、モデルの従弟、ポールがお出迎え。ワルシャワでは1週間叔母4の家でお世話になります!

ワルシャワのお話は次回で…♪

Enjoying busy days

ご無沙汰です。

旅行から帰ってきて、すでに10日以上経過したなんて信じられないくらい、あっという間に時間が過ぎましたです!

 

新しく通い始めた州立カレッジはすっごく面白いのだけれど、毎日2,3科目授業があって、それぞれ課題やミニテストが多いのだ。

テキストも毎日1科目につき30ページ以上読みこむような生活っす。もうちょっと慣れるのに時間がかかりそう~。

早速月曜提出のイベントプランニングの課題と、火曜日のホテルインダストリーのミニテストの勉強、会計学の課題で週末が潰れました…(涙)。

でも授業の質には大満足っす。

クラスメイトは25名程度。留学生は私を含め2名で、他はカナディアンなんだけど、キャビンアテンダントだった人も居れば、既にカルガリー大学でマーケティングの学位を取得し某通信会社で社会経験のある人、お医者さんの学位のある人、ホテルでの社会経験のある人、英語教授法の資格を持っている子、高校卒業したての子…。

年齢も性別もバックグラウンドもさまざまで、おもろいです。そして、みんなとってもフレンドリー♪

そんなカレッジ生活の傍ら、旅行帰りの後片付けや、空っぽの冷蔵庫を満たすために食料品を買出しにいったり、留守中に家の植物に水をやってくれていた元ホストママにお礼を言いに行ったらBBQパーティに参戦することになったりと、なんだかんだと落ち着かない、いや、落ち着けない日々でした。

しかも相方は相方で、相方パパのお仕事ヘルプにいまだ大忙し。

お仕事に必要な、どでかいプリンターを購入することになったんだけど、

日本で買ってきた大量の建築デザインや写真関連の書物(日本って専門書がカナダに比べると半値以上も安いのだ)も含めて、「こんなたくさんの本と、他2台のプリンターと、こんなでっかいプリンターをどこに収納するんじゃい!うりゃー!(怒)」となったので、IKEAで家具を購入し、大整理大会も勃発。はぁー。

furnitureIKEAはデザインも良くて、お安いのがいいのだけれど、自分で組み立てないといけないのよね。

カナダにきてすごく感じるのは、こっちの人は家のアップグレードを自分達でやるのが当たり前なんだなぁーということ。 The Home Depotみたいに日本では見たことのないような工事道具が一般の人向けに売っているし、ドアやバスタブ、キッチンやバルコニーがそのまんま売っていたりして、たまげてしまう。

うちはベッドも、リビングのコーヒーテーブルも、テレビのテーブルもすべてIKEAなのだが、組み立て嫌いなおいらにはお手伝いも辛いです(涙)。でも頑張って引き出しだけ作ってみましたよ。

 

そんなわけで、まだまだ旅行の写真整理など終わるわけがなく、火曜日から相方ママがカナダに戻ってくるしで、珍しくドタバタした今日この頃です。

 

あ、でも土曜日のランチは、ポーランドで食べたおいしいワッフルが忘れられなくて、ワッフル焼きました♪

 

waffle.jpg

 

 

あまーい香りに包まれて、ちょっとだけご機嫌回復。果物とヨーグルトをかけてヘルシーにいただきました♪

ぼちぼちまた更新していきまーす。

 

We are home…

すっかりポーランド旅行記が中途半端になっておりますが、

私達、無事に日本滞在1週間を満喫し、カルガリーに戻ってきました!

早速学校も始まり、分厚いテキストの数々にはやくもげんなり気味(笑)。洗濯物の山にもげんなり…。いやいや、がんばりますよ~。

 

札幌では実家の温かさをしみじみ感じてきました。納豆、お味噌汁、お魚の朝食がなにより感動的だったなぁ。相方も家族と初対面できたし♪

いままで札幌を1年以上離れたことがなかったけれど、やっぱり札幌ってめっちゃいいところだなーって感じだよ。東京に向かう際に北海道を発つとき、空港でわんわん泣いてしまいました(涙)。

 

ってなわけで、北海道ではこんなおいしいものを堪能したりー!

 

三色丼

  

 

快晴の下で、露天風呂付個室を楽しんだりー!

 

spa

 

東京ディズニーランドも満喫したりしちゃったわけであります。

 

disney

 

その他にも、相方においしいお寿司、鉄火丼、うなぎをたらふく食べさせ、早朝の北海道神宮や、夜のすすきのを徘徊したり、小樽を散策したり、藻岩山山頂からの美しい夜景も見れたし、東京では浅草、秋葉原、渋谷、原宿、銀座などを回り、予定していたことはすべてこなし、なんとも大満足な日本の旅でした!

時間を見つけつつ、まずはポーランドの旅行記を完成させ、日本旅行記も書けたらいいな、と思ってます。

カナダは三連休であります、みなさんもいい週末を~♪