Archive for April, 2007

School Memories

ついに、ついに、ついに、ついに!

 

学校終了~~~!!!

 

月曜日から3日間のファイナル、そして今日グループプレゼンを終え、来週から始まるプラクティカムを除き、全教科終了です。

 

早く楽になりたい!って思っていたのに。

いざ今日を迎えると、クラスメイトの顔を見ながら授業を受けることも、もうないんだなー、この教室に戻ってくることはないんだなー、…とちょっとしんみりしたりもして。

でもやっぱり自分の人生で二度と学生には戻りたくない気持ちもある。

 

ま、そんな複雑な気持ちにもなりながら、みんなとたくさんたくさん写真を撮ってきました☆

来週から始まるプラクティカム(就業経験)は、各自それぞれが今まで学んできたことを活かし、みんな別々の場所で、初めての分野で、働く経験をします。

大丈夫かなー、ドキドキすんなぁー、と心細い気持ちになっていたのは、私だけではなかったみたいで。

クラスメイトの配慮により一人一人に、手作りブレスレットが配られました。

 

bracelet.jpg

 「プラクティカムで一人で悩んで心細くなったとき、行き詰ったとき、このブレスレットを見て元気を出そう。みんながこのブレスレットをしているから、離れていても支えあえるでしょ!」

というわけでして。こんなことがとっても嬉しかったり(照)

ブレスレットについている飾りの文字は、クラスメイトのみがわかる秘密のメッセージなのだ。へへへ。

クラスのみんなとは、プラクティカムの途中で経過報告の集まりをする予定をたてて、とりあえずバイバイしてきました。

グループプレゼンの後は、みんなでパブで騒ぐ予定だったんだけれど、私はプラクティカム先の企業とミーティング予定が入ってしまって、そちらを優先(涙)。

おかげさまで、月曜日から4週間、朝7時半から夕方4時半までの勤務ということが判明して帰ってきました。

 

ぐぇーーーー。

 

ほんとにもー、どうしてカナディアンは朝早くから働くんだろ…。服装コードもいろいろあって、週末は買出しに行かないと。

 

さて、早速学校で使っていたテキストや紙類を整理。なにせ6月に帰国することもあって片付けモードに入っているわけです。

 

assignments.jpg

 

これ、今までの提出した課題・レポートたちの一部。

短いのは5ページくらい。多いときは20ページ以上の企画書やレポートを書かなくてはいけなくて、最初は書くのにもずいぶん時間がかかったもんです。

全部パソコンの中にデータが入っているから、取っておいても仕方ないし捨てるんだけど。見返してみると、いろんな想いがよみがえってきました。

でもこれらの課題のおかげで、かなりwritingに対しての拒否反応はなくなったかな。

北米式の企画書の書き方を学べたことは大きな収穫でした。振り返ってみて初めて自分の成長を確認できる気がしますです。

comment1.jpg

インストラクター達は、かならずマークと一緒にコメントを残してくれます。

それを見るのが課題返却のときの楽しみ。

このコメントのことを考えると捨てるのも惜しいんだけど。

 

でも、写真に残しておけばいいよね。

 

 

 

 

 

comment2.jpg20/20とか、12/12っていうのを説明すると

20点満点中、20点っつーことであります。課題毎に点数が割り振られているので、できるだけ課題で点数を稼いでおくと、ファイナルや出席の点数が悪くても最終的にはなんとかなったりするわけですね。

コースが始まる最初の日に、ファイナルや出席数、課題に割り振られる割合がわかるので、みんなそこらへんを計算しつつ、学校をさぼったりしちゃったりするわけなんであります。

 

 

 

 

 note.jpg

私は基本的に学校は真面目に通っていた方だったんだけど、

授業中は基本的にノートに落書きしていました(笑)

ノートの片隅に、ボーっとしながら落書きすると、

隣の席のAが
A:「ちょっと!何書いてんの」
私:「なんだろ。わっかんない。花かな?」
A:「どれ、見せて見せて」

と言って、私のノートを取り上げた後、戻ってきたらマークがついてました☆わーい、10点満点!!

 

…ところで。

 

ここで、私がカナダにきてから、とっても戸惑った英語文化3つをご紹介します。

 

その1:チェックマークに戸惑う

まずは、こちらを見てくださいまし。

 

quiz.jpg

  

こんなテスト用紙が返却されたら、日本人ならばびびりませんかね?

「ひえー、全部間違ってるよ」って思いません?

私は思いました(笑)

カナダに来た当初、まだ英語をESLで学んでいたとき、グラマーのテストが返ってきたとき、チェックマークが乱立しており、「うおー、こりゃだめだ」とびっくりした思い出があります。

でも、よく見ると、点数は9割ほどちゃんと取れている。

そう、英語文化ではチェックマークは正解のマークなのですよね。日本だと正解は〇。でしょ?

これは慣れるまでちょっと時間がかかりました(笑)

 

その2:時間の言い方に戸惑う 

これもよくある話なのかもしれないけれど。

例えば学校で授業の合間にブレイクをとる際に先生が時計を見ながら。

「Come back around ten to.」

とか言ったりするんです。

例えば、その時点で10時30分だったら、休み時間は10時50分(11時の10分前)までということになります。

つまり、ten to (eleven)=11時の10分前、という意味で括弧を省略しているんですなー。

この何分前、何分後、という言い方を英語環境ではものすごくよく使うんですわ。

11時15分に「今何時ー?」と時間を聞かれたら

quarter after eleven

と答えるのが一般的。クオーターは4分の1、つまり15を意味するんであります。

10時45分は

quarter to eleven となるわけなんですな。

この時間の表現の仕方は、しばらく慣れるまで時間がかかりましたー。

 

その3:日付の表現方法に戸惑う 

まずはこちらを見てみてー。

date.jpg

 

これは図書館のレシート。赤線が引いてあるのは、「いつまでに返してね」という日付がついているんだけれど。

←これは2007年5月4日のことを意味しているんですよね。

日本人の2007.5.4という書き方に慣れている私としては、こんな書き方されてもこんがらがるだけなんであります。

なんで日付の書き方を世界共通にしないんだろー??

なので、私はいつも英語で日付を書かなくちゃいけないときは、自分の中で混乱を避けるために

May 4,2007 というように月だけ数字で書かないようにしています。

※ちなみに、この『優しい音楽』 (著:瀬尾まいこ)すごく優しくて温かい本で、しみじみ良かった。何気なく借りたのだけれど、彼女は『幸福な食卓』で一躍有名になった方だったのですね。ほかの作品も読みたい。

 

 

というわけで、学校の書類を整理しているだけでこんなにもたくさんのことを書いてしまいやしたっ!!!

月曜日から働くぞーーー!

What’s New?

既に近しい方には連絡済みですが、

日本に帰る日が決まり、航空券もゲットいたしやした☆

2005年日本を旅立ったのが6月8日だったので、2007年6月8日カルガリーを旅立ちます。ぴったりちょっきり2年間(笑)相方は遅れて7月初旬に札幌入りします♪

思いがけず2年間もの間をカルガリーで過ごしてきたわけだけれど、

留学を決めた際に「たった1年の留学じゃ英語は大して身につかないよ」と言われた言葉、実感しています。2年目の方が生活も学校も断然楽チンでした。学校で学んだことなんかは、徐々にこれから振り返っていこうと思ってます。

 

そいでもってですね。
カルガリーでの留学生活を綴ったこのblogは6月8日を持って、終了したいと思っています。一応、区切りですね。区切り。

今回の札幌帰国は『一時帰国』でして、秋からは相方と二人新しい地で新しい生活を始める予定なのです。

心機一転、ブログも新しくしようかな~~、とただいま計画中。

新生活編のブログについては、大変大変勝手ながら、近親者&mixiでマイミクの方&相互リンクさせていただいている方のみの、クローズドな形でスタートしようかな、と思っています。

でももちろん、こんなへなちょこなブログを陰ながら見てくださっている方がいて、さらにこっそり見続けたいという稀な方がいれば個人的に教えちゃう予定でござる。

えーーっと、詳しいことはまた徐々にお知らせしていきますねー。

 

さてさて現在ファイナル真っ最中!来週からはプラクティカムが始まります。研修先は希望通り、マルチメディア&オーディオビジュアルの会社に決まって、今からウキウキしちゃったりしているわけです。

で、浮き足立っているついでに、こんなもの買っちゃいましたー。

frother.jpg
▲相方が一生懸命撮影しました(笑)
ミルクをふわふわに泡立てるミルクフローサーです。

 

 

毎日朝のコーヒーが欠かせない私としては、できるだけおいしく楽しみたい、という気持ちが強くてですね。
セール中だったのも手伝って買っちゃいました$8だったかな?ほんとーは、スターバックスご用達のbodumのが欲しかったのだけれど、カルガリーで探したら置いてあるのは手動のフローサーのみ。電動のは置いてなかったのです。

 

さて、早速使ってみたですよー。
original.jpgまずは、温めたミルクを、グラスの3分の1の量になるように用意します。     

後でグングン増えるので、多めに入れないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

mix.jpgミルクフローサーをグラスに入れて、スイッチを押すと…

ミルクがどんどんきめ細かい泡に変身していきます。

そいで、どんどん増えていきます☆ 

 

 

 

 

 

1分くらい経過すれば出来上がり。もこもこなミルクの泡の出来上がり。

それを濃い目のコーヒーにたっぷり盛れば、幸せなひとときを楽しめるんであります。

 

 

cup.jpg

 

▲たら~ん♪出来上がり!

 

 ということで、こんなしょーもないことを喜んでやりつつ、ファイナルのストレスを減らしている私です。

勉強します。

 

Easter -Part2

学校も残り2週間。そしてプラクティカム(就業経験)が4月末から始まります。

…ということで、最後の追い込みにてでっかめの課題が続々締切りがあり、ファイナルも続くということで、なんともストレスいっぱいの日々。

これでお天気さえ良ければ問題なし、なんだけれどもお天気もなんだか優れないのよねー。

freepaper.jpg 

そうそう、先月くらいからフリーデイリーペーパーが3紙ほど創刊されましたね☆

学校でもMediaのクラスで話題になっていたのだけれど、私がオススメなのが『metro』。

カルガリーローカルな話題・ニュースはもちろん、ビジネスやエンターティメントなど記事が充実しているし、オールカラー!で紙の質も良し。

この日の表紙は、コブラを首に巻いたら噛まれちゃって大変なことになっている男性がトップ記事でした。哀れ。

 

ということで、先日の続きでイースター当日の様子をお伝えしまする!

 

breakfast.jpg

▲イースター当日の朝食はこんなカンジ。

 

まず最初に、各自小皿に少しずつ盛られているゆで卵、ハム、パンをいただきます。これは昨日教会で清めてもらったもの。

 

plate.jpg

  ▲和食器と銀フォーク&ナイフがアンバランス(笑)。
ちなみにこの大皿の上に載っている小皿、札幌の実家から送ってもらった『たち吉』の食器たち☆
葉っぱの形がかわいいっす。

 

そしてイースター前日は、お肉を食べないことになっているので、当日は朝から張り切ってお肉を食べます☆

 

breakfast2.jpg

▲もちろん卵も忘れずに。左上の卵料理は、
卵黄をくりぬいたものに炒めたマッシュルームとマヨネーズであえた具を
白身の中に飾り付けたもの。これがすっごくすっごくおいしかった!

 

 

cakeplate.jpg

そして、食後にはケーキ☆

小さく食べやすい形に切ってあるので、パクパク食べちゃうのよね。危険、危険。

 

 

 

 

 

そして、これが当日のディナーっす。

 

easterdinner.jpg

 

▲リブをソースでじっくり煮込んだものと、
私の大好きなポーランド料理ビゴス。
ビゴスは、ベーコンやソーセージがサワーキャベツとじっくり煮込んであります。

そしてもちろん、ワインと一緒に。

クリスマスやイースターは、ポーランド人にとって一大行事!相方ママからはかわいいぬいぐるみと、お洋服までもらっちゃったよ。

イースターを境に、暦的には春がきて新鮮な気持になりますなー。

カルガリーにも春よ、はやくこい~~!!!!

Easter -Part1

イースター(復活祭)が迫った今日この頃。

今年は相方パパもママもカナダにいるので、「こ、これはクリスマスか?」と思うほどの慌しさ。買出し、大掃除にケーキ焼いたり、料理作ったり…という日々です。(去年の様子はこちら)

 

easter1.jpg

 

▲相方ママがいるので家の中の
イースターデコレーションが華やか☆
 

うぅぅぅぅぅぅ、課題たっぷりあるのになぁー(涙)。イースターホリデーも重なって木曜日から月曜日まで、5連休なのだけど、全然課題に手をつけてましぇん、わははは。

 

4月だというのに、カルガリーはこの通り、雪、!の毎日。

 

snow.jpg

 

▲北米では日本みたいにバックして車を停めません。
勢いよく頭から突っ込んで駐車!

 

早く春にならないかなぁー、と思いつつ。課題に追われつつも、相変わらず飲んだり食べたり、を楽しんでいます。今日のエントリーはちょっと長いよ。

 

先日ストレス発散しに友人とPubへ行って、わんさかビール飲んで語らってきちゃいました。

 

kokanee.jpg

 

▲たっぷりとピッチャーで。ゴクゴクと。
ピッチャーの方が安いのよ。(言い訳)

 

chickens.jpg

 

▲木曜日はWing Day♪チキンウィング¢35。
手前のはレモンペッパー味、奥のはタイ味でちょっとピリ辛。

 

poutin.jpg

▲さらに大好きなPoutineも。
フライドポテトにチーズ&グレービーソースがかかっておりやす。

彼女は、私より若いけど人生経験豊富、そして現在国際恋愛中という同じ境遇ということもあり、喋りだしたら止まらないんであった。

 

そしてこの間は、Winter Festivalでボランティアをした時のボスから、おうちディナーへの招待があって、すっかりご馳走になってきました。

 

how to.jpg

 

▲彼女の得意料理だというキッシュを、一緒に手作り。
ワインを飲んでおしゃべりしながら、楽しく準備♪

キッシュは、パイ生地にハムや赤&緑ピーマン、たまねぎなどを入れて、チーズを削りかけ、さらに牛乳&卵に塩コショウをしてオーブンへ!

 

quiche.jpg

 

▲タラーン♪出来上がりはこんなんでごじゃります。

dinner.jpg

▲熱々のところを、マッシュポテトやサラダ、パンと一緒にいただきまっす!
これぞカナディアン料理ってところでしょーか。

彼女のマッシュポテトは、ポテトを茹でるときににんにくと一緒に茹でるのが隠し味。

出来上がりは、ほーんのりとガーリックの香りがして、おいしかったっす。

ボスとは、のんびりとした家族中心主義のカナダと、仕事に追われる日本の違い。そこに存在する各国のサービスや税金の話などなど、相変わらずためになる話をできて楽しかった。

 

…と、こんな息抜きもしつつ、イースターに向かって準備に追われている今日この頃なのです。

去年は相方と二人きりだったので、たいしたことしなかったんだけれど、今年はですね。ケーキが6つも焼かれているし、当日の食事の仕込みがあったりと、すごいことになってます。ワクワク。

ケーキの一部をご紹介。

こちらは、ポーランドではイースターに必ず焼くケーキなのだそう。

 

cake.jpg

 

▲ホットケーキとクッキーの真ん中くらいの柔らかさのケーキを何枚も焼き、
ホイップクリームと交互に重ねていきます。んで、周りをホイップクリームで
デコレーションし、1日冷蔵庫で寝かせると、クリームがケーキにしみ込んで
程よいやわらかさになるんだとか。

 

トップにゼリーをトッピングして完成!

 

cake2.jpg

 

▲食べるのはイースター当日の日曜日。
今からワクワクです。

こちらも相方ママお手製のケーキ達。

 

cakes.jpg

 

▲左はナッツケーキに、右はチーズケーキ☆
こちらはコソコソ味見しました~、美味、美味。

明日の食事が楽しみだなぁー、と思いつつ今日土曜日は教会に行って参りましたよ。去年と同じくバスケットに明日食べるパンやソーセージ、卵を入れて、ポーランド人が集まる教会へ。

 

basket.jpg

 

▲持って行ったバスケットの中身はこんなカンジ。
こっそり羊チャンが居るのが見えるでしょーか☆

 

charch.jpg

 

▲間違いなく私はたった一人の日本人、いやアジア人でした(笑)。
ポーランド語&英語で行われたセレモニーでは、聖水で卵を清めます。

…とこんなカンジで5連休も残り2日。いつ課題をこなすのかいまだ不明なんですわ。

ではでは皆さんもHave a happy Easter!!